ゴーストの囁き

  ようこそ「ゴーストの囁き」へ。貴殿も「攻殻機動隊」への熱い思いを囁いておくれ。。。。。

APPLESEED ALPHA

ふと思い立って劇場に。










APPLESEED-α_000

場所の特定は情報屋に任せるとして(笑)
久々にアップルシードを堪能してきた。
当初、それ程期待していなかったが、ある意味なかなか楽しむことができてよかった。




















《以下、ネタバレ全開につき要注意!!》



































APPLESEED-α_002

APPLESEED ALPHA

舞台は第5次非核大戦後の荒廃した世界。
高いテクノロジーを残した理想都市オリュンポスを中心に展開される人類再生計画。
この計画に巻き込まれる主人公の女性・デュナンと、
男性のサイボーグ・ブリアレオスが繰り広げるアクション作品。

原作は『攻殻機動隊』などで有名な士郎正宗の漫画で、国内のみならず海外での人気も高く、
アメリカ・イギリス・イタリアなどでも出版されている。
すでに何度も映像化されている本作だが、『アップルシード アルファ』では今まで描かれていない、
デュナンとブリアレオスがオリュンポスに至るまでの前日譚を3D CGによって映像化している。


『アップルシード アルファ』ストーリー

世界大戦後、国家や情報網が破壊し尽くされ廃墟となったニューヨーク。
元・SWATのデュナンと、彼女の恋人で全身サイボーグのブリアレオスは
不本意ながらギャングから依頼された仕事をこなして日々の糧を得ていた。
街を出たいと思いながらも叶えられない日々が続く中、
自動兵器に襲われている男女を助けたデュナンとブリアレオス。
アイリスとオルソンと名乗るこの二人との出会いは
やがて、人類の希望を守るための戦いへと、二人の運命を導いていく。






deunan001  briareos002

まあ能書きはどうでも良いのだが、荒牧監督のアップルシードは毎回飛躍的な映像技術を盛り込み、目を見張るばかりの展開に引き込まれる。
以前のぎこちなさを感じるモーションキャプチャも自然な描写になってきているし、ほとんど実写と変らないみたいだ。
原作のデュナンと比較するとその容姿はハリウッド的な演出がされているので違和感満載だが、ブリアレオスの緻密な描写は特筆に値するだろう。
大戦後のメンテナンス不備のため機能のみならず外装のすれ傷だらけの細かな表現まで極めていて、どれだけブリアレオス好きやねんっ感が半端ない。
タロスサイドの光沢金メッキサイボーグとの対比がより際立たせているな。


APPLESEED-α_004

今回抜擢されたキャラである双角の顔の表情は特に力が入っていて、小さなパーツひとつひとつの動きによって苦笑いなど
微妙な愛嬌のある感情を表すことに成功している。(玄田氏の声もね)
これって現実のロボット技術にもそのまま応用展開できそうな感じ。ただし双角様ではグロテスクになってまうがw


APPLESEED-α_003

劇場版の時間制約の中でストーリーの薄さはやむを得ないが、廃墟的世界、サイボーグ、強化外骨格(ランドメイト)、バイオロイド、
そして忘れてはならない多脚砲台の暴走と、基本的要素は満たしており、オリュンポスや政治的描写は極力排すことで1つの作品としてまとめることに成功している。
コアな士郎ファン、アップルシードファンには物足らないかもしれないが、原作の執筆中断が宣言されて久しい今、このようなチャレンジに期待したいところだ。


ただ、前日譚であることは了解の上だが、もう少し作品に深さを求めたい。
原作で感じていたプロフェッショナル同士のスリリングな戦闘の展開や駆け引き、
複雑な舞台設定や政治的思惑などが交錯するあの世界観。
そしてスタイリッシュなランドメイト、無骨な双角の仲間や気の置けないSWATの面々。
あとアルテミスとか、とかww

「原理は単純、構造は複雑を極め、人は最も人らしく」を、アニメに盛り込むだけ盛り込んで欲しいなぁ~ =3
だいたい、ブリが双角の手先になるなんて(大笑)、それに双角も善人過ぎ(苦笑)
ワクチンは駄目にしてまうし、アイリスは拉致されるし、狙撃後にトドメを刺してないし、
物語の展開上必要なこととはいえ詰めの甘さが随所に見受けられるのがちと残念。
かっこいいランドメイトも"ALL YOU NEED IS KILL"みたいになってるやんか orz

(。。。。。程々にしないと、書き出したらキリがないw)













APPLESEED-α_005

ちなみに、最後のシーンで伏線を張っていたが、これって続編のこと?

ワクワクw











最後に、原作者 士郎正宗氏の言葉を残しておこう。

アップルシードアルファによせて

荒牧氏のもとで『アップルシード』が劇場映像化されるのは2004年の『APPLESEED』、2007年の『EX MACHINA』に引き続き、
今回2014年『APPLESEED α』で3度目になる。いずれもそれぞれの時期において独特の新しい絵肌を伴い、
高度な技術と情熱を持つ優れたスタッフや、世界的に名の知られた超一流の方々の参加や協力によって、
極めてエッジの効いた映像作品に仕上げられていると思う。
生きているうちにこういった高いレベルの国産CG映像を見る事が可能になるとはまさに夢の様な…と、
毎回同じコメントをしなければならない程に、荒牧氏の映像作品は進化を継続し続けている。
このような探求の旅にデュナンやブリアレオスを連れていって貰える事に大変感謝すると共に、
日本のコンテンツ業界にこういった手法や分野が更に成長して何らかのより良い未来につながって行く事を願っている。
今回もこの映像作品がどこかの誰か(できれば多くの人)にとって価値ある時間を提供するものとなりますように。

士郎正宗








このアップルシードアルファはストーリーを最初から描くコンセプトだから、期待してもいいかな。

新たな士郎正宗の世界を。

ヒトミのイメージが、ちと違うけど。。。。。。















「アップルシード アルファ」本予告


「アップルシード アルファ」ジャパンプレミア上映告知トレーラー


「アップルシード アルファ」メカ中心特別映像






※掲載画像は、劇場版「APPLESEED ALPHA」から引用。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 20:51:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリウッド版実写 | ホーム | 新劇場版00>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://section9section9.blog61.fc2.com/tb.php/266-8a004837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーストの軍旗

banner01

リンクフリー(一報頂けるとありがたい)

カウンター

プロフィール

課長

Author:課長
我々の間にはチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。
あるとすれば、スタンドプレーから生じるチームワークだけだ。

プロフィール

ヤシマ作戦

yashima12s

日本の電力支援

ゴーストの囁き(エントリー)

カテゴリー

訪問者・模倣者・媒介者・感染者の囁き

ゴーストの繋がり(TB)

脳殻内検索

ゴーストが囁く仲間達

【リンク集】

このブログをリンクに追加する

染塾

【染塾勝手に応援団】

somejuku002

「僕と攻殻と時々、オカン」より奪取w

NAGATO ISM

【長門同盟】

nagatoism_s

徒然趣味日記(クロマ殿)より奪取w

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

Shin-EVA002ss

RSSフィード

小さな囁き

EVANGELION:3.0+1.0 etc.                                無 在 原 点

Top
無料アクセス解析