ゴーストの囁き

  ようこそ「ゴーストの囁き」へ。貴殿も「攻殻機動隊」への熱い思いを囁いておくれ。。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

荒巻部長はロジコマと呼びます

やっぱり部長かw


毎回、作品冒頭にビルから背面降下している少佐だが、先行PVで認められたARISEでの映像はなかったなぁ。

ss36



これはborder:2以降、つまり「公安9課」に入ってからのシーンなのかもしれない。
501機関では2902光学迷彩は採用していないはずだから、背面降下→光学迷彩による街風景への同化はまだなのだろう。。。。
ふむ、はやく観たいものだ=3



























さて、タイトルの台詞はロジコマの自己紹介での台詞。

「攻殻機動隊ARISE」本予告0511 _61


ここでのポイントは、ロジコマの言語野が未発達で文章構成力が貧弱な会話が面白い点であることもさることながら、荒巻が原作通り『部長』である点。

公安9課が首相直属の独立部隊であることから、その組織の長である荒巻は少なくとも部門長であるべきで、『部長』であるのが当然であろう。
士郎版、押井版ではその設定であったが、神山版では敢えてそれを『課長』にすることで、特に押井劇場版で構築されていた退廃的9課のイメージを一新し、まだまだ現役バリバリの若い「公安9課」を演出する効果を狙っていたはずだ。「イノセンス」が同時期だったから、枯れ果てた荒巻が強すぎたのでなおのことだろう。
(小生が「課長」を名乗っているのも、その認識なのだがww)
(実際にワシが「課長」職なのか否かは、この際関係ない=3)


しかるに黄瀬版では、時間軸が遡ったのにも関わらず『部長』の設定。
ある意味、攻殻各シリーズはパラレルワールドが前提なので、必ずしも神山版に拘束される必要はないが、

 2027年黄瀬版  :部長
 2029年押井版  :部長
 2030年神山版  :課長
 2032年イノセンス:枯渇部長

なんか、30年にまるで降格されてるみたいなww

これぞ「降格機動隊」なんちゃって。。。。。。

(実は2034年にSSSなので、完璧にパラレルなのだが)












































す、すまん m(_ _)mゴメン
ちと、いろいろあって疲れているのだろう=3

















































【お詫びにオマケ】
これもネタバレだが、もういいかな?
(てか、オマケの方がファイル重いぞ)


月間ヤンマガ201308-01
相変わらず士郎正宗感満載の独特な世界観。

月間ヤンマガ201308-04
初期設定資料が見れるのがありがたい。

月間ヤンマガ201308-07 月間ヤンマガ201308-08
素子、パッツンじゃない方が好きだが、もう慣れたよ黄瀬監督=3

月間ヤンマガ201308-13
一方内容は。。。。。。。素子ぉ~~~っっ!!!

月間ヤンマガ201308-17
このシリーズにも幼女時代が出てくるのか? 折鶴エピソードがあると嬉しい。

月間ヤンマガ201308-18
何故、ここにライゾーが。。。。。。?!

月間ヤンマガ201308-19
。。。。。ワシの眼を盗みやがったなぁ~~ orz




















これはアイジーさんからの発注に応じて作った企画仕様書の表紙。理由はわからないがこうしたのもをプロットとよぶらしい。僕が勝手にそう呼んでいる訳ではない。物語の概念や舞台設定、キャラ設定などを簡単にまとめたもので、初期に企画の叩き台となる部材だ。SACの時よりも少ないが数話分作った。毎度の事だが皆様がご覧になる完成作品とは異なっている。映像作品の専門化達の手によって、より面白く高度な作品になっているだろうと思う。僕の仕事はこの段階まで。勘違いが無いように書いておくが、こうした状況は僕が自分の作品・企画を関係各社に売り込んで回って原作者の立場を振り回し好き勝手にしている訳ではない。昔から1件の例外も無く発注を受けた場合に企画の叩き台となる部材を作り提供するのが僕の仕事だ。モザイクが被っている部分は現時点で公式発表されていないか或いは登場しない要素。何が採用されて℃のような形で生き残るか僕には分からないし決定権も無く仮に分かっても守秘義務があって勝手に公表できないのだ、あしからず。
今回『攻殻機動隊ARISE』に至るまでアイジーさんとは共に数本のオリジナル企画を検討してきた経緯がある。その中に梅津泰臣氏を監督に迎えた案件があり、別件の「梅津氏オリジナル作品用検討ラフでキャラが着ているポンチョ」に似せて作った設定があった。企画は流れたがその衣装の首から上を変えたのがこの企画仕様書の草薙。ポンチョは少し形を変えて本編にも残っているようだ(梅津氏に陳謝)
PVの中で都会の夜景を背面降下するかっとがあるが、あれがこの衣装に近いように見える。他の主要キャラはSACの際に作った企画仕様書で使用したものをそのまま再利用した。企画仕様書に入る絵は「設定」ではなく「印象」だから、既存キャラは大体それで問題内のだ。サイトーの髪は文字或いは模様(入れ墨)にしたかったがアニメで動かすことが難しくなるのを避けてあれこれ検討しているうちにこうなった(陳謝・苦笑)。どういう理由か分からないが『攻殻機動隊ARISE』の草薙には大友克洋氏の『アキラ』に登場する金田少年を連想する要素が複数ある(大友氏に陳謝)。先に述べた梅津氏との企画で作ったキャラの衣装が元々紅色主体(後に黄色に)だった事も一因かもしれない。タチコマに代わるロジコマにもそんな印象がある(これは僕の所為)。今でも無理にフチコマやタチコマに似せる必要があるとも思わないが製作スタッフの判断は尊重する。

月間ヤングマガジン2013年8月号 『攻殻機動隊ARISE』の企画仕様書の一部 説明文転載









































更に追記

攻殻は、実は第4次世界大戦後の世界であること。

小冊子『熱風』7月号特集 緊急PDF配信のお知らせ

配信は8月20日までなので、お早めに。










※掲載画像は、攻殻ARISE PV月間ヤングマガジン2013年8月号より引用。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:攻殻機動隊 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/07/21(日) 11:13:38|
  2. ARISE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バルス | ホーム | その人の名前は>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://section9section9.blog61.fc2.com/tb.php/241-44d0c834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーストの軍旗

banner01

リンクフリー(一報頂けるとありがたい)

カウンター

プロフィール

課長

Author:課長
我々の間にはチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。
あるとすれば、スタンドプレーから生じるチームワークだけだ。

プロフィール

ヤシマ作戦

yashima12s

日本の電力支援

ゴーストの囁き(エントリー)

カテゴリー

訪問者・模倣者・媒介者・感染者の囁き

ゴーストの繋がり(TB)

脳殻内検索

ゴーストが囁く仲間達

【リンク集】

このブログをリンクに追加する

染塾

【染塾勝手に応援団】

somejuku002

「僕と攻殻と時々、オカン」より奪取w

NAGATO ISM

【長門同盟】

nagatoism_s

徒然趣味日記(クロマ殿)より奪取w

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

Shin-EVA002ss

RSSフィード

小さな囁き

EVANGELION:3.0+1.0 etc.                                無 在 原 点

Top
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。