ゴーストの囁き

  ようこそ「ゴーストの囁き」へ。貴殿も「攻殻機動隊」への熱い思いを囁いておくれ。。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界観を補完する音楽1

攻殻の作品を語る上で、その音楽を欠くことはできない。


そういう意味で、菅野よう子川井憲次の存在は非常に大きいと言える。

勿論、監督が変われば作品も大きく異なって然り、それ以上に作品全体の世界観を形成する要素の柱でもある音楽担当が菅野女史からコーネリアスに変更されることで、どの様な新たなる世界観が展開されるのか楽しみである。


































































ん?


うむw








































_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

                      !! WARNING!!
 
      以下、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に関する暴露情報しかないので、
      未見の方、もしくはネタバレを嫌悪される方は。。。。。云々(以下省略)
      
      ま、何だ、いつものことなので悪しからず m(_ _)m ゴメン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/














改めて書くことでもないが、幣ブログはあくまでも攻殻機動隊について語る場である。
その点、誤解なきよう訪問者の方々にはお願い申し上げる次第だ。







でも、


まぁw


とりあえず、菅野や川井やコーネリアスじゃなしに、鷺巣詩郎の作品についてでも、良いではないかww




























































コホンw
さて、現在も各劇場で公開が続いているが、各位、ご覧になられただろうか?
劇場に足を運ばれた方なら判ってもらえると思うが、相変わらずヱヴァのサウンドはいい。

勿論、CD発売即効で入手済みだ。

Shiro SAGISU Music from "EVANGELION:3.0" YOU CAN(NOT)REDO.

EVA3-SSM








今回のCD2枚組みはサントラと言うよりも、「Q 鷺巣詩郎全集」と言う感じでフルヴァージョン満載で収録されている。
そのサウンドは、前作、前々作と比較してもより一層スケールアップしてないか?!
劇場で観劇すると、重低音の迫力ある音響で空気の振動を体で感じることができ、重厚で緻密で繊細な音楽はストーリーを補完する以上に感動的だ。
家庭でのTV環境が良くなったとはいえ、これは是非劇場で観るべきだ。
まだ、未見の方は公開劇場が少なくなってきてはいるが、是非時間を作って足を運ばれることをお勧めする。






だが、『Q』でもマリの鼻唄が収録されていないのは誠に残念 orz
いつか『真希波・マリ・イラストリアス 鼻唄全集』でも出してくれないだろうか。。。。





今回、曲名後ろに記載されている「3EM**=」の番号が、劇場で流れる曲順になっている。
2枚組みCDではディスクを跨いで収録されているので、本報では劇場の順番に沿って紹介するとしよう。
DISK番号 + #トラック番号」をご参考に。

































DISC2 #01 Bataille d'Espace =3EM01=
冒頭6分38秒予告映像、衛星軌道上での棺桶強奪作戦(US作戦)前半。
ティンパニーの ♪D D D D AA♪ で始まる宇宙空間での戦闘シーンで流れているお馴染みのこの曲。
元々メロディーが付いていた曲なのだが、もはやこのリズムだけで成立するまでに洗練されているのは周知の事実。

コード4AによるアンチATフィールドで火蓋を切った攻撃は、マリの援護を受けながら華麗に展開していく。
2秒遅かったり、3秒速かったりしているがw 
やはりヱヴァの戦闘シーンには欠かせない曲だな。 <マリじゃないが、いぃなぁ~、ワクワクするなぁ~♪
特に、目標物にワイヤー3本打ち込んで強行する際、モーメントによって大きく振れる改2号機への遠心力が半端ない描写や、減速時カウントダウンなど何度見てもかっこいいなと思う。

劇場では流れなかったかもしれないが、中盤間奏部(1'53"~)でのギターの上昇音階が何気にポイント。
この部分が「新たなギターも足そう」と思いついた北島健二なのだろうか? こういった遊びもヱヴァサントラの楽しみ方のひとつ。










DISC1 #01 Gods Message =3EM02=
冒頭6分38秒予告映像、衛星軌道上での棺桶強奪作戦の戦闘シーン後半。

いきなりナディアで大笑いw
字幕が「インドハシャマスを展開中」から「妨害物はコード4B、フィールド反射膜を展開中」に修正されていたようだが、完璧に「バベルの光」ですな、あれは。



「コネメガネ!援護っ!!」

一人でできるとプライドの塊だったアスカが劇場版では大きく変わり、ツーマンセルでの作戦行動に臨機応変に対応できるようになっていた。
アスカも変わったなぁと。
そりゃ「ガキ」じゃないから成長するか。
にしても、「メンゴ」とか「よろぴく~」とか、マリの年代を感じさせるネタが楽しいw



「逃げんな、ゴラァ~!」

『破』でマリが叫んでいた台詞と同じだが、年頃の女性が口にする言葉ではないなw
『Q』でアスカが叫んだということは、次作『:||』で叫ぶのは。。。。。。まさかレイちゃん?!

作戦を遂行するため目標物から離れないよう人命軽視の厳命を受け、ATフィールドの 中和が効かないバベルの光攻撃に耐えるアスカと改二号機。 <思わず身震いしてしまったシーン


「なんとかしなさいよ!バカシンジッ!!」
ビシッ! シャキン!、シャキン!、シャキン!、シャキン!、シャキン!


ソーラー・レイのようなフィールド反射膜を心地よい音で切り刻み、最後に追跡したコアブロック(「コア」じゃないんだ)を「目からビーム」で殲滅w
虹と十字の爆発はお約束として、あんなに複数「パターン青」が存在すると言うことは、これも量産機なのか。
それにしても、12秒間だけ覚醒してアスカを助けた初号機(シンジ)は、再び瞳を閉じて二度寝?
それじゃ旧世紀版だw

「起きなさい、バカシンジ!」
「うぅん、ふぁ、何だアスカか。。。ムニヤムニャ」。。。。。=3



最後の金管(バストロ)の〆がカッコよくてGOOD!!

勿論、カヲル君も歳を取っていないのだなw ←彼は使徒だから










DISC2 #02 Quiproquo 131 (2 pianos) =3EM03=
二人演奏によるピアノ曲、収録4曲の中の一曲。
今回の『Q』はピアノ演奏がポイントなので、必然的にピアノ曲、特に「2 pianos」がシンジ&カヲルとの絡みで多い。

シンジ視点での描写により観客と困惑を共有した状態でいきなり艦橋に拘引され、拘束を解かれたとはいえ随分と容姿の変わったミサト達やその殺伐とした雰囲気、明らかに冷ややかな視線を送る新人オペなどの描写。果てにはDSSチョーカーという「私達の不信と、あなたへの罰の象徴」を科せられ訳の判らない状態のシンジの心情に対して、陰鬱なピアノのアルペジオで始まるこの曲は短いながらもシンクロはパーペキである。










DISC2 #03 Serenity Amongst the Turmoil =3EM04=

「全艦、第二種戦闘配置!目標、全ネーメズィスシリーズッ!!」

ヴンダー出航準備シーン。
冒頭一曲目と同じ曲だが、少しスローテンポでティンパニも弱めかな?
緊迫した戦闘配置の指示伝達のやり取り、嵐の前の静けさといったところか。
新劇場版シリーズでは、特にコーラスの使い方が効果的で、曲の速度を緩くした分、ピリピリしたアドレナリン分泌ジワジワ感を上手く演出している。



「戦闘配置よ!さっさと部署について。そこ!グズグズしない!」
「無理ですよ整備長。なんせ民間人も混じってる寄せ集め集団ですよ」
「言い訳無用!さっさと手を動かせ!」

おしとやかだったマヤの14年後の姿。
荒んだというよりも、苦境を乗り越えて「先輩!」と呼んでいた頃の甘えがなくなって成長したと見るべきかな。
技術開発部所属でオペレーターだったのが整備長に転属されたのも、現場の厳しい状況を表しているのだろう。

「ちっ!これだから若い男は。。。」

それにしても、あのマヤちゃんに一体なにがあったのか。。。。。。。










DISC1 #02 The Ultimate Soldier =3EM05=

「来ましたっ!目標の光の柱を確認。えっと・・・数がなんだか増えてます!」

北上、しっかりオペしろw ←予告PVの叫んでいるシーン


従来の使徒とは異なるが、パターン青であるネーメズィスシリーズの襲撃。
反復するストリングのリズムと畳み掛けるようなブラスセクション。
そしてコーラスによって煽られる緊迫感と重圧感。特にVnの刻んでいる不協和音が非常に効果的。
鷺巣氏はこういう演出がとても上手いと思う。


目標の襲撃を迎え撃つ緊迫感のなか、ゆとり世代代表の北上が浮いていて面白い。
大塚の突っ込みも切り返して、おじさんタジタジw
一方、グラスで眼を隠したミサトの艦長としての厳しさが一際目立ち、スタッフの反対などモノともしない強さはEOEラストでの心情を乗り越えたかの様な年月の流れを感じる。
因みに、シンジの頼りたいキャラの「目隠し」率の高さを考察しているサイトがあったが、これには同感。特にアスカの片目がね。

「ったく、折角のニュースタイルだっちゅうのに、なんとも地味な出陣ね」

うむ、確かにw


このシーンのあと、しばらくBGMが途絶えるが、

「ミサトさん!初号機ここにあるんでしょ!」
「僕も乗ります。アスカを手伝いますっ!!」


『破』で覚醒した「シンジさん」がここにいる。
ヱヴァに搭乗することになんら躊躇することもなく、他人のために自ら進んで守ろうとするシンジに対して、周囲のスタッフの視線があまりにも厳しい。
それも一番見守ってくれていたはずのミサトからの言葉が、彼の心を打ち砕く。
この時シンジに注がれるミサトの視線が一番厳しい。

「碇シンジ君。 あなたはもう。。。。。。何もしないで」

バンッ!!(戦闘指揮系統プラグの閉)










DISC1 #03 Dark Defender =3EM06=
これもナディアw
『起死回生』と同じメロディーだ。

ナディアのノーチラス号の時もその映像と迫力ある展開が繰り広げられ感動的なシーンになっていたが、ヴンダー起動の場面と聞き比べると実にあっさりした曲に聞こえてしまう。
当時はすげー音圧だと思っていたのに。
それ程この曲は大幅にアレンジされてスケールアップしている。実にかっこいい。
伊達にロンドンでオケ収録していない、と実感できる一曲だ。

このメロディーが流れて、空中戦艦で迫り来る敵に対する状況となると、必然的に大塚明夫の声が欲しくなるのはよく判るよ、監督。
だが「ミサト艦長」がいるから「ネモ船長」にする訳にはいかなかったがなw



それにしても初号機を主機として取り込んだヴンダーって戦艦なのか?
司令室である戦闘艦橋は、どちらかと言うと巨大な多人数用エントリープラグみたいで、回転しながら格納されているし、LCLガスが充填されているし、モニターの描写もそうだし、ヴンダーって超弩級巨大戦艦型決戦兵器?!?
それかどちらかというと、ベタニアベースで逃走した第3の使徒の様な骨々しい外観で、初号機を使徒にはめ込んでノーチラス号を上乗せしたみたいな感じがするのだが、どうだろう。
確か第3の使徒にもエントリープラグみたいな人工的処置が施されていたし、使徒を兵器に改造するマルドゥック計画の頓挫がなんとか、かんとか。。。。。。




時空間制御で立体式操舵に切り替わった時、スミレの周囲に光の帯が発生したが、これは改2号機が軌道上で強奪作戦してたときのアスカの頭部にも展開していたよね。時空間制御なんだ、あれって。



ところで、この曲の冒頭でアスカが主機点火のために槍でホジホジしていたが、あの槍ってカシウスの槍とちゃうん? はてはて? 
ヴィレが所有してるん? はてはて?



あと、すごく納得していたのだが、フライホイール臨海突破した時の台詞で「102%」と発言していた点。
某ヤマト以降、何故か「エネルギー充填120%」が定説になっていたから、現実的な「102%」に大きく頷いてしまった。
100%で充分なのに120%はないだろう、やっぱりww ←え? 400%? はて、何、それ?



「カウント省略、メイン接続!」
「接続!」
「点火!!」
「でぇぇぇぇぃっ!!!」

あれ、ほんとに点火プラグなんやねw










DISC1 #04 The Anthem =3EM07=
いかにも『万能戦艦N-ノーチラス号』圧勝っ!ていうサウンドにバンザイ \(~o~)/


音楽的にも、ストリングの響きと重低音の迫力、そして途中がらどんどんぶ熱くなるコーラス。
鷺巣氏、やりすぎだって=3 ←ナディア版がなんとあっさりに聴こえることか
ラストも一旦切れてから、再びペットの高らかなファンファーレ。なんぼ程好きやねん、この曲ww

特に気に入っているのが、主翼に取り付かれた時の間奏ギターがカッコよすぎで、鳥肌モノだ。



ネーメズィスシリーズをヴンダーでもってブンブンと振り回すミサトの作戦。
相変わらずの無茶苦茶な作戦に、更に磨きがかかっている。 ←加持の話以上にw
それにしても、クラゲちゃんs(複数形)も振り回されて沈黙って、目回るのか!!
ヴンダーの主砲は主機と直結しているから、貫通弾はいとも簡単にA.T.フィールドを中和して殲滅。
これが「神殺しの力」なのだな。恐るべし。



初陣勝利後、空母とかの戦隊を引き連れていったが、あの中に某ヤマトが映ってなかったか?w










DISC2 #04 Quelconque 103 (piano) =3EM08=
碇シンジへの状況説明シーン。
と言いながら、ほとんどちゃんと説明してへんやん orz

ピアノの静かな、それでいて落ち着かないマイナーの分散和音で綴られる。
「不信」と「罰」を絶妙に奏でるピアノ奏者は、鷺巣氏が絶大な信頼を寄せている宮城純子女史。
作曲者と演奏者のシンクロ率は必ずしも高くなる保障はないから、これ程まで意図したことを的確に表現してもらえれば作曲家冥利に尽きるだろう。

シンジのシンクロ率が0.00%で搭乗しても起動しないことを聞いたサクラが、「よかったですね」と言う台詞がすごく浮いているのだが、これがあとの「ほんま、勘弁して欲しいわ。。。。。」につながっていくのだな。








DISC2 #05 Quiproquo 83 (2 pianos) =3EM09=

「あれから14年経っているってことよ、バカシンジ」


アスカとの再会

怒りと悲しみの累積

ヱヴァの呪縛

怒りのアスカパンチw






上の曲と同様にシンプルな2台ピアノ曲ではあるが、その「重さ」は計り知れない。



ピアノのハイタッチと小刻みに不安感をあおる伴奏

そして、途切れる旋律

途切れる旋律。。。




戦闘時のアスカの爽快さとは裏腹に、このドロドロとした人間関係の描写には、積年の恨み辛み、肉体と精神の交錯する呪縛の苦しみも乗じて、硬化テクタイト(だよね?)でさえヒビが入る程の鉄拳となった。



アスカの負傷箇所、左目、右腕、左脇。

これはEOEと同じ箇所。
つまり、シンジが眠っている間にEOEに近い出来事が起こっていたという裏付け?



この他にも本シーンで繰り広げられる、綾波が存在しないという不信感、S-DATをキーアイテムとしたシンジのポジション推移など、いろいろ考察ネタが散りばめられているのだが。。。。。。。





「目標後甲板です。いきなり取り付かれました!」
キタ━(゚∀゚)━! キタ━(゚∀゚)━! キタ━(゚∀゚)━! キタ━(゚∀゚)━!










DISC1 #05 Out of the Dark =3EM10=
全く新たな曲だが、旧世紀に近い感覚。
まるで迎えに来たのが綾波だけど綾波じやないような、そんな不確定性を表したかのようなメロディラインとリズム感。
ワシでも思わず零号機の掌に乗っちゃうよ、Mark.09だけどw
思い出した!
旧世紀の溶解液トロトロ蜘蛛の時のBGM(ANGEL ATTACKⅢ)に近いんかなぁ。



Mark.09による碇シンジ強奪シーン。
シンジの尋問中に後部甲板に襲撃を受けるヴンダー。
そしてシンジの脳殻内だけに囁きかけてきたのだろうか? 綾波の声が聞こえてくる。


「碇君、何処?」


リツコに硬化テクタイトをホワイトアウトされて無視。
鈴原サクラも同室内で「準備できました、碇さん、こっちへ!」と誘導するが、誰にも綾波の声は聞こえていないような描写。
そして再び。


「碇君、何処?」


冷たいヴィレのメンバーの態度に業を煮やしたシンジは大きく叫ぶ。


「もういいよ。  綾波、ここだ!!!


側壁の爆発と共に姿を現したのは、単眼-黄色配色のヱヴァ。


「エヴァ。。。零号機?」


シンジが誤認するのも無理はない。
Mark.09は「アダムスの器」とされるヴンダーの本来の主とされる特殊なヱヴァであり、頭部を破壊されても再生でき、機体そのものがコアという設定。
そんな化け物に登場している綾波も、実はシンジの救出したポカ波ではなく、ユイのクローン初期ロットであるアヤナミレイ(仮称)。





そんな場面で流れるBGMが、この"Out of the Dark "



冒頭の不気味な半音階での導入がその予兆を示している。
♪D-DD D-DD E♭-D-D♭-D~   B♭-B♭B♭ B♭-B♭B♭ B-B♭-A-B♭~♪

主題の不安定な上昇音の旋律が降下してゆく進行が
♪EAAG#BACBDCFEBC D-CBA-G#-E~♪
とダウンして落ち着くパターンと、
♪EAAG#BACBDCFEBC D-CBA-B-C~♪
の様にラシドと上昇するバターンとが交合に表れて、

さらに、その後に続く変拍の短いリズムも
♪ CBAAG# CBAAB CBAAG# CBAAB
と、下がる-上がる-下がる-上がる を繰り返す。



シンジの訳の判らない不安と不満。
不意に襲撃をうけたAAAヴンダーの緊迫感と焦燥感。
ヴィレ側スタッフのシンジに対する不安と不満と不信と恐怖。
そして、前述した不気味な設定であるMark.09の急襲による救出?強奪?

まさに、あらゆる精神的不安定さを描写したこの場面を、更に音楽的不安定感で煽る"Out of the Dark"





うむ。
完璧である。











「逃がすな!コネメガネ!!」
「合点承知!!」
「的を~狙えば、はぁずさないよぉ~♪」
「ヘーイ、カモォ~ん♪」
「!!??」
「やっぱし。。。『アダムスの器』か?」
「挨拶くらいしてけ、~!!


頭部を完璧に破壊されても何のダメージも受けず、物理的にありえないサイズに拡大するブースターを形成して逃避を図るMark.09
グランプリの鷹(1977年)まで把握しているマリの昭和世代シリーズに非常に親近感を覚えると共に、緊迫した場面とのギャップが大きすぎて、この「ヱヴァを破壊せし者」の位置付けが今後の劇場版に於いても非常に重要になるだろうと気になるところだ。





だだ、一点。
主機の強奪よりもシンジを優先している点についてリツコも言及していたが、ネルフ(ゲンドウ)にしてみれば、ユイや綾波(ポカレイ)が取り込まれている初号機の回収の方が最優先であってもおかしくない。ましてや、敵対勢力の主力兵器として利用されているのに。
後のフォース・インパクト発動時に、アダムスの器たるMark.09でヴンダーを乗っ取る計画が織り込み済みだったのなら全てはシナリオ通りと言えるが(ラスト「葛城大佐の動きも計算内だ」発言)、今ひとつ腑に落ちない点ではある。



ミサト
やっぱり、押せなかったね、DSSチョーカ。










この後、白い部屋のベッドで目覚めたシンジは、黒色プラグスーツの綾波と行動を共にし、謎のピアノ少年と出会い、第13号機に乗れと言われる。
この時一人弾きで軽く流れる曲は、"Quatre Mains "の一部。
曲順コードの=3EM11=が欠番になっているが、もしかしたらこの旋律部が該当するのかもしれない。










DISC1 #06 L'Apôtre de la Lune (2 pianos) =3EM12=
廃墟と化したNERV本部。
シンジ同様、ワケわかんないよっ!状態で、明らかに『破』とは違う世界に困惑を覚える。
職員達の姿もなく、一体葛城以下主要メンバーもなしに本部はどうやって機能しているのか?
無数のNERV自転車、無数の可動リフト、無数の腕。。。。


そして、相変わらずの綾波の裸体直視のシンジw


♪サ~ビス、サ~ビスゥ~ッ!!♪










DISC2 #12 Thème Q (guitare) =3EM13=
アヤナミとの会話シーン


反応のないアヤナミ


黒いプラグスーツのアヤナミ


無表情なアヤナミ


知らないアヤナミ


初号機から戻ったのではないアヤナミ


三人目の様な匂いのない世界だな。


屋根もない部屋をあんな場所に設置するのは、シンジにワザと覗かせるためとしか思えないw




「綾波レイなら、そうするの?」




哀愁のギターが切なくて、一人会話のシンジがなんとも。

って、気付けよ!シンジっ!!




「好きって。。。。。何?」







このシーンの後、各人の台詞を回想する場面があるが、

ミサト 「何もしないで」
アスカ 「あんたには関係ない」
サクラ 「エヴァにだけは乗らんでくださいよ」
ゲンドウ「エヴァに乗れ」
アヤナミ「知らない」


この殺伐とした世界に目覚めてからシンジに語れた言葉で、ゲンドウの命令以外は全て「否定」「禁止」
そんな状況下で、全てを認めてくれるカヲルに惹かれるのは致し方ない事か。。。。










ここでも、曲順コードの=3EM14=と=3EM15=が欠番。
シンジに降りてくるように言う時にアドリブ的に弾いていたピアノ旋律と、この後のQuatre Mains の練習シーンの連弾がそうかな?










DISC1 #07 Quatre Mains (à quatre mains) =3EM16=
TV予告のリピートで耳にタコができたカヲルとシンジの連弾曲。
カヲルは使徒だからいいとして、最初指1本弾きなのにいきなりの連弾でこんだけ弾けるシンジって神?w

「上手く弾く必要はないよ。ただ気持ちのいい音を出せばいい」
「じゃあ、もっといい音を出したいんだけど、どうすればいい?」
「反復練習さ。同じことを何度も繰り返す。自分がいいなって感じられるまでね。それしかない」

同じことを何度も繰り返すとは、示唆的な言葉。
そうなのか、カヲル君。
いいなと思うまで何度も?
だから「:||」なのか。
いつもの事ながら意味深な発言だな、カヲル君w



鷺巣詩郎氏のサイトに掲載されているエピソードで、半端ないこの曲の躍動感を納得。
「138bmp」じゃ駄目なのだ。「140bmp」でないとw
いちファンとして関係者のプロ意識に敬意を表したい。
拍手。



新劇場版では徹底してチェロを排除しているのがちと残念。
まぁ、もはやチェロを奏でる様な状況にはないか=3
でも、カヲルと連弾する暇があるなら。。。。。orz

にしても、馬はいらんだろう、白い馬はww










DISC1 #08 Qui veut faire l'ange fait la bête (piano solo) =3EM17=
引き続きカヲル君との語らいの時間。
静かて心の静まる旋律。

キーアイテムのS-DATの修理を依頼したあと、星を見ることを誘うシンジ。


「変化を求めず、虚無と無慈悲な深淵の世界を好む。君らしいよ」


ある意味皮肉的な表現である訳だが、当のシンジは判っていないのだろうな。
それも含めてこの否定的な退廃的な世界で、軽やかなピアノシーンが引き立たされる。


「僕は君に会うために生まれてきたんだね」


旧世紀版でもここまで断言していなかったから、もはや確信犯ww










DISC2 #07 Quiproquo 140 (piano) =3EM18=

「元気少ないね」


S-DATを直してもらって、友達のことが心配と告げるシンジ。
少しずつ不安感を漂わせるピアノ。
短い曲だがその微妙な変化を描き出し、場面毎での曲想の移り変わりが見事だ。














































。。。。。。






まだ半分だが、記事が長くなるので分けるとしよう=3

てか、まだ続くんかいっ!!


世界観を補完する音楽2
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/02/11(月) 17:55:23|
  2. ワシのレイちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彼女の名は | ホーム | 世界観を補完する音楽2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://section9section9.blog61.fc2.com/tb.php/213-de148ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーストの軍旗

banner01

リンクフリー(一報頂けるとありがたい)

カウンター

プロフィール

課長

Author:課長
我々の間にはチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。
あるとすれば、スタンドプレーから生じるチームワークだけだ。

プロフィール

ヤシマ作戦

yashima12s

日本の電力支援

ゴーストの囁き(エントリー)

カテゴリー

訪問者・模倣者・媒介者・感染者の囁き

ゴーストの繋がり(TB)

脳殻内検索

ゴーストが囁く仲間達

【リンク集】

このブログをリンクに追加する

染塾

【染塾勝手に応援団】

somejuku002

「僕と攻殻と時々、オカン」より奪取w

NAGATO ISM

【長門同盟】

nagatoism_s

徒然趣味日記(クロマ殿)より奪取w

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

Shin-EVA002ss

RSSフィード

小さな囁き

EVANGELION:3.0+1.0 etc.                                無 在 原 点

Top
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。