ゴーストの囁き

  ようこそ「ゴーストの囁き」へ。貴殿も「攻殻機動隊」への熱い思いを囁いておくれ。。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

破・サントラ 弐

 前記事があまりにもヱヴァってなかったので、ちと真面目にサントラを。 <いやいや、だぁかぁらぁ~、ここ攻殻ブログやて=3



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

             !! WARNING!!
 
      以下、「ヱヴァ・破」に関する暴露情報が多分に含まれているので、
      未見の方、もしくはネタバレに嫌悪される方は閲覧をご遠慮ください。
      万が一本警告を無視して諸問題が発生した場合は、笑って許してねw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/





























 さて、「ヱヴァ・破」をご覧になり、更に「ヱヴァ・破 オリジナルサウンドトラック」を入手された方は、そのCDを聴きながら目を通していただければありがたい。
もう既に、脳殻内で楽曲がループされている方はそのままでww
(だいぶと時間が経っているので一部記憶違いがあるかもしれないが、ワシの戯言とご容赦くだされ)

EVANGELION:2.0_001


















#01. 2EM01_B01 "At The Very Beginning"
 永久凍土から発見されて切り刻まれてしまった第3の使徒(ガギエルの骨骨?)と、多脚戦車(w)局地仕様仮設5号機との戦闘シーン。いきなり登場の真希波・マリ・イラストリアスの仮面ライダー口元が何気によかったね。シンジの時もそうだが、ヱヴァパイロットはいつもいきなり搭乗が当たり前なのだろうか? 本人は搭乗できたことを喜んでいたが。
ストリングとコーラスの掛け合いから急に響き渡るバストロが実に渋い!!



#02. 2EM03_0908
 第7の使徒はあのマトリエルとは到底思えないほど洗練された形態で惚れ惚れする。脚が接した途端に凍結して結晶模様を呈する水面上を歩行する様。一旦崩壊したと見せかけて、錘球体を振り上げて再構築される時の針金細工のような躯体。一部ではあの顔部の動きから「サキエル時計」と呼称されているようだが、使徒の中でも屈指の美しさではないだろうか?
この時のブラスサウンドもまたカッコよすぎ。今回ホーンセクションにも力はいっているなぁ。



#03. 2EM04_E4

アスカ、キタ~~ッ!!!

 この曲はもうまさにアスカ様の為の弐号機の為のテーマ曲ですな。
マリの戦闘が迫力あるものの薄暗い映像だったので、鮮やかな青い空に真紅の弐号機の機体が見事に映えて、華麗なるアスカのライダーキックが観ていてほんとにスカッとする。やはり弐号機にはこういう戦闘が良く似合う。
リズムが鋭く強調されストリングとホーンの対比が鮮やかで、さらにソロギターがめがっさカッコエエ~♪



#04. 2EM05_KK_B09
 曲コードに「KK」がついているのは『彼氏彼女の事情』から転用された曲。
めちゃ懐かしい~~~
アスカが弐号機の上で正式ヱヴァを力説しているシーンなのだが、この曲が流れている間ワシの脳殻内では

雪野 「ありま~~」

と『カレカノ』のシーンしか浮かんでこない orz =3
この「ヱヴァ」に『カレカノ』を挿入する意図とは一体何なのだろうか?
優等生が出てきてそのハチャメチャさと内面葛藤とのギャップが奥深いカレカノなのだが、「式波」と「エコ贔屓」と「七光り」との関係とはチト違う展開なのだが。。。。。
と思っていたらシンちゃん、足すくわれてこけてたし =3



#05. 2EM06_KK_B16
 1570gプラスのリツコに絡む加持を睨みつけている「こわぁ~いお姉さん」の鼻息シーンww
なんか合ってるww



#06. 2EM07_KK_B09_InDoor
 2つ前の#04と同じようだが、「In Door」だから、ミサト宅での対面シーンだったのかな?
何にせよ、アスカの荷物は多すぎ~~ =3
2人のコミカルな表情が印象的だった。



#07. 2EM08_B17

式波 「このエッチ!バカ!!変態!!! 信じらんないっ!!!!」

 シンジのフル○ンシーンのアスカバージョン。 <ストロー邪魔!
今回はお色気サービスも満点ですなwww <シンジ、蹴られながらもお盆でナイスカバーw



#08. 2EM09_YAMASHITA
 たしかマヤの出勤シーンで流れていた曲。
「ヱヴァ・破」では街の日常風景の描写も丁寧に描かれている。総監督に心のゆとりができた結果か?
アスカの蹴りは教室でも炸裂w
この曲は「太陽を盗んだ男」からの引用らしい。ワシは未見だが。



#09. 2EM10_KK_C01_AddGuit
 海洋生態系保存研究機構で流れていた曲かな。
この施設、意図的にセフィロトの樹の形態が用いられているのに苦笑い。
消毒工程での皆のはしゃぎ振りに、ボーっとしているワシのレイちゃんもなんとなく楽しげw
雪野に有馬、浅葉も見学に来ていそうな気がして orz


#10. 2EM11_B16

加持 「シンジ君、台所に立つ男はモテるぞw」

 ミサトの特製カレーカップ麺は出てこなかったが、シンジの手作りお弁当は「ヱヴァ・破」の中でも特別な位置づけ。ここから後に「レイちゃん専用お弁当」を作って貰う展開に。。。。。
9割人造肉はシンジの料理で絶品な料理になっているようだが、ワシのレイちゃんはやはり食べられない。

綾波 「肉食べないだけ。。。。」

ワシの大好きな「にんにくラーメンチャーシュー抜き」は残念ながら出てこなかったが、シンジの作った味噌汁は本当に美味しそうだったね。
おいしい。。。。。。



#11. 2EM12_KK_A09
 「カレカノ」ではモノローグなどで流れていた曲だったと思われる。
たしかセカンドインパクトの回想シーンで使われていたかな?
加持の語るミサトの父に対するトラウマ。そのバックで流れるピアノソロ。
改めて聴いてみると、この静かな雰囲気が何故か場面と見事にマッチしているのだから 「さすが鷺巣詩郎!!」というべきか。



#12. 2EM13_EM20_Alterna
 光を歪めるほどのATフィールドを展開するレリエルのような黒模様球体だった第8使徒。
いつものリズムなのだが、ギターの少し崩したようなアレンジがオルタナティブなのかな?

ミサト 「で、落下予測地点は?。。。。と~ぜんここよね=3」
マヤ 「ネルフ本部への命中確率はシックスナインです!!」

マヤちゃんが言うと、別にイヤらしくないのがよいww <99.9999%のことだよ。『69』じゃぁないw



#13. 2EM14_EM10C
 この判りやすいお馴染みのリズムは、何時聴いてもカッコいいよね。
ミサトの「女の感よw」作戦はいつもの如くww <ご褒美はないのね orzザンネン



#14. 2EM15_0938"Destiny"
 今回のサントラでのお勧めの一曲。
ヱヴァ3体が使徒を受止めるために疾走するシーン。音速を超える初号機のシーンが堪らない。
進路修正するために緊急コースを構築するシーンがカッコよくてGOOD!!
緊張感を煽るストリングにコーラス、そしてソプラノが迫り来る危機を更に際立たせている。
「ヱヴァ・破」での使徒戦はほんまにハラハラ、ドキドキで、「すっげ~痛いけど、面白いからいい!!」的な感覚を劇場の観客にも波及させているようだ。



#15. 2EM16_0944"Fate"
 レリエル型からサハクィエル型に展開する第8使徒を受止めるヱヴァ。あの蟲みたいな奴は気持ち悪かったな~。
手を重ねた次の瞬間、槍に変形した使徒の手はヱヴァの手に突き刺さり呻くシンジ。
サウンドの重厚な幅が使徒の圧倒的質量感を更に増しており、使徒上でうねるように乱舞する様が古代儀式の土俗的舞踊のようで圧倒。クルクルと動き回るコアに躊躇するアスカに、身を呈してコアを確保するレイ。コアを刺したアスカは膝蹴りでトドメを。 やっぱり蹴りw
この戦闘を通して「一人では解決できなかった」ことが、孤独に甘えていたアスカを変えるきっかけになっている点が実に上手い演出だ。



#16. 2EM17_KK_A08
七光りの隣に「ちょっとだけいさせて」と入ってくる式波。
「ジェリコの壁」を叫んでいた頃と比べて明らかに大人の行動をとることができるようになった。ここら辺も総監督の心境の変化なのだろうか。
『カレカノ』シリーズを今回のヱヴァに同化させている意図はこういった変化を補うべきものなのかもしれない。
特に、アスカの出ているシーンで『カレカノ』率が高いな。。。。。。。



#17. 2EM18_KK_C01
 これもアスカとシンジの夫婦漫才のシーンのようだ。
やはりそうかのかもしれないなぁ~『カレカノ』



#18. 2EM19_ソル:モーツァルトの主題による変奏曲(劇中曲)
 今回の「ヱヴァ」での衝撃シーン。
ワシのレイちゃんとゲンドウとの食事シーンだ。
旧作でも「食事にしよう」と誘う場面はあったが、ほんとに食事してる場面をするとはやられた=3=3
レイちゃんの企画した食事会を一旦断ろうとしたものの、ユイの面影をダブらせたこの親父は結局行くことにする。 <この野郎ww
あぁ、ワシのレイちゃんの食事会だなんて、羨ましすぎるぞ!!この親父めがっ!!



#19. 2EM20_KK_A09_Kuriya
 いったいこの曲は何バージョンあるのやら、もうついていけん =3=3



#20. 2EM21_KK_C01_Str+AcGuit
 ワシのレイちゃんが挨拶して教室に入る。
クラスメイトがざわめく中、レイちゃんに声をかけるシンジ。
指の絆創膏を指摘されて、「もう少し上手くなったら」とはにかむレイちゃん。。。。。。。。。

課長 「ぅうおぉぉぉ~~~っっ!!!!!」

もう、鼻血物だ。  <クロマ殿に同じくww



#21. 2EM22_KK_A08_Orche
 レイとアスカのエレベータの場面。

レイ 「ポカポカする」

 コミック版のレイちゃんが旧作よりもシンジに対して接近していたが、「ヱヴァ・破」でワシのレイちゃんがここまで自分の気持ちを素直に表現するとは思わなかった。
レイの手に貼られた無数の絆創膏が健気でいいね~~

この曲は特にチェロの深く渋い響きがとても心地よい。
そういえば、新劇場版ではシンジのチェロ演奏がないな。



#22. 2EM25_Piano_Nu
 ヱヴァ3号機起動実験前にミサトに携帯するアスカ。
心の内を語るアスカにミサトの優しさが伝わり、それがそのまま曲になったようなシーン。
この新曲は、『カレカノ』風味でありながら、ヱヴァらしい雰囲気もしっかりしている。
いい感じだ。

それにしても、赤いのはいいけど透けすぎだよ、あのプラグスーツww



#23. 2EM26_EM05B
 いわずと知れた「涼宮3号機の暴走」 <ハルヒじゃないって=3
「そっか、私、笑えるんだ」と直前に呟いたアスカの言葉が切ない。。。。。。



#24. 2EM28_EM13

シンジ 「使徒? これが使徒ですか?」
ゲンドウ「そうだ。目標だ」

 お馴染みのピアノだが、この曲が流れてくると思わず構えてしまう。
後の展開を知っているだけに、条件反射で身構えている自分が悲しい。。。。



#25. 2EM29_E5
 鷺巣詩郎が言うところの「切羽詰った」感を従来以上に狙った曲。
不協和なコーラスの効果も大きいが、乱れまくるギターソロの緊迫感に脱帽。
第9使徒と識別された3号機に襲われる初号機。。。。。。。。
やはりヱヴァは残酷だよ =3 ホント



#26. 今日の日はさようなら
 この選曲については、あえてノーコメント。
あのシーンにこの歌は。。。。。。。        絶句!!



#27. 2EM31_0948"In My Spirit"

オペ 「総員、第一種戦闘配置!!」

 「時が来たね」と語るカヲルの言葉を発端に第10の使徒ゼルエルの登場。最強の拒絶タイプが放つ攻撃は、一瞬にしてすべての特殊装甲を射抜く威力。
物語はここにきて大きく展開していく。。。。。。。

ストリング&パーカッションの緊張したリズムに、折り重なるようなヴァイオリン群と続くブラスセクションンの悲壮感漂うメロディ。

あれ? マリが弐号機を出動させているが、コアの変換は必要ないのか??



#28. 2EM32_0910"Keep Your Head Above The Mayhem"

マリ 「他人の匂いのするヱヴァも悪くない

 アスカに変わって弐号機に搭乗して戦う真希波・マリ・イラストリアス。
旧作では、もう後がないという悲壮感に溢れたアスカの壮絶な戦いが描かれていたが、同じ壮絶な戦いでありながら、マリの場合は「にゃろ~!」発言に代表されるように全くもって追い詰められている状態にはなく、「悲壮感ってなに?」的に楽しんで戦っているのは冒頭と同じ。
後にシンジを見て「ヱヴァに乗るかどうかなんてそんなことで悩む奴もいるんだ」と語るほど、ヱヴァで戦うことに何ら疑問を持っていない。これはカヲルと同じ「匂い」か?w
 この曲も不協和音的なコード進行でコーラスと共に徐々に盛り上がっていく。思わず聞き入ってしまう曲だ。



#29. 2EM33_0902"The Final Decision We All Must Take"
 裏コードである「ザ・ビースト」で弐号機の拘束具に埋込まれていたリミッターが排出され、エヴァシリーズの様な形態、さらに初号機暴走時と同等の能力を発現しての戦闘。 <ちなみに旧作では初号機暴走時の曲が「THE BEAST」
 こう立続けに重厚な曲がくると普通飽きてくるものだが、「ヱヴァ・破」に関してはストーリーの展開に合わせて、いや、より一層引き立てるかの如くサウンドが観客をぐいぐいと引き込んでいく。この時点でもはやプラグ深度はマイナス値!!。汚染区域突入で完璧にヱヴァ側に引き込まれてしまっているよ =3=3
この戦闘での一連の曲群(もはや一曲に絞れない)は本作で一番のお勧めだ。



#30. 2EM34_E13
 旧作の「THANATOS」
 チェロのソロで奏でられる悲哀に満ちた、それでいて強い意志を感じるメロディーラインに物語の場面が400%シンクロしている名曲中の名曲。途中のヴァイオリンと相まって聴く者の心に染み渡るこの曲は、ヱヴァサントラ群の中でも群を抜いて好きな曲だ。

 だが、ワシのレイちゃんを捕食しやがって。。。。。。。。。 orz コノヤロ~ユルセンッ!!!!!!!!



#31. 2EM35_Nu02"Carnage"
  「大虐殺」を銘打ったこの曲は、ヱヴァ初号機が左腕を切断されながら第10の使徒を押さえ込みジオフロントに連れ出して。。。。。。。。 ピーッ!!

既に判っている展開ではあるものの、ほんとスクリーンから目を離すことができない =3



#32. 2EM36_E16
 第10の使徒ゼルエルが切れたシンジにメタクタにやられまくるお馴染みのシーン。
だが、今回の初号機はユイの覚醒ではなく、シンジの強い意志によって再起動している点が大きく異なる。
「みんな死んでしまえばいいのに」と言っていた旧作とは明らかに異なる新劇場版「ヱヴァ」。。。。。。
大好きな「エヴァ」が大人になって帰ってきてくれたことに感謝したい。

このギターは何時聴いてもカッコいい。リズムセクションも増強されているのかな?
ストリングが分厚い=3



#33. 翼をください
 問題の林原版「翼をください」。

初回時はとても大きな衝撃を受けたが、「今日の日はさようなら」と違って2回目観た時には逆にシンジの必死な、前向きな、大人な姿勢にピッタリはまり、あの壮絶な場面に違和感なくはまっていた。
たどたどしい子供達のコーラスをバックに林原(この場合は「レイ」ではない)の素な歌声が素直に心に染みてきて、流石のワシも涙ちょちょんぎれそうになった場面だった。
ワシのレイちゃんを救い出してくれてありがとう、シンジ君。。。。。。。

「エヴァ・破」が連作の中間部ということでそのストーリー展開の難しさと共に中途半端な点が指摘されいるようだが、ワシとしてはこの場面があるだけでも充分だと思う。 <いちアヤナミストの感想w



#34. 2EM38_F02
 感動的な場面を終え、次作の各場面の怒涛の如く展開する「サービス、サービスゥ」にのめり込んで見ていて、ラストのラストに「Q」

「急」と思っていた観客からは、「Qぅ~?」てな感じの笑いが起っていたw
ワシは別の意味で苦笑いしていたのだがww <「Genesis Q」というエヴァSSサイトがあって。。。。。



Bonus Tracks

#35. ふりむかないで(劇中曲)
 食事会を楽しみにしているシンジの部屋の大型ラジオから流れていた曲。
レイちゃんの料理の腕を心配しているシンジ君、ワシのレイちゃんが作る料理なのだから不味くても全部食べなさいっ!!! <食べれたらよかったのに orz

 双子のザ・ピーナッツはモスラの歌姫くらいにしか知らないのだが <そこまで知っている世代=3
「あなたの好きな黒い靴下」って、やっぱりレイちゃんの靴下のことなのかしらん。。。。。w



#36. 恋の季節(劇中曲)
ミサトと加持が居酒屋で飲みながら愚痴っているシーン。
ピンキーとキラーズの記憶ってあまりないのだが、この曲だけは何故か覚えている。。。。 
前記事にも記したが覚えやすいんだよね、これが =3  <またまた世代がバレバレ










『カレカノ』侵食率の高い本サントラだが、これは是非お勧めだ。
でもやっばり♪幸せはぁ~歩いてこない、だぁ~から歩いてゆくんだねぇ~♪も入れて欲しかったなww


さて、第参次「破」補完計画をそろそろ発動しなければ。。。。。。






※映像は新劇場版「ヱヴァ・破」のサントラ、パンフより引用。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/07/25(土) 07:25:23|
  2. ワシのレイちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<破・サントラ 参(あまね専用機) | ホーム | 破・サントラ 壱>>

コメント

二回の観賞でこれだけ映像と曲がシンクロするとは、さすが課長…!

>#01. 2EM01_B01 "At The Very Beginning"
本編を見終わった後に改めて聴いてみると、
初っ端から重厚な曲で、『破』の方向性をよく表してますね。


>#03. 2EM04_E4
アスカらしい元気いっぱいな登場シーンでしたよねw
初っ端の仮設五号機といい、動きが大きくて気持ちいいです。


>曲コードに「KK」がついているのは『彼氏彼女の事情』から転用された曲。
あ、そういうことだったんですね。
そもそも彼氏彼女のほうを観てないので、ミサトやアスカのコミカルさ合った曲だなぁとか
普通にに違和感無く聴いてましたw


>#08. 2EM09_YAMASHITA
>たしかマヤの出勤シーンで流れていた曲。
モノレールのポイント切り替えとか、太陽光発電から続くシーンですよね(違ったかなぁ…?)
マヤちゃんの出勤シーンには和みました。


>意図的にセフィロトの樹の形態
あれやっぱりそうだったんですね。
なんかどっかでみたなーとは思ってましたが。


>#12. 2EM13_EM20_Alterna
入りのギターが荒ぶってるとこがアレンジなんでしょうかね??
劇場で一瞬、あれ??と思いました。


>マヤ 「ネルフ本部への命中確率はシックスナインです!!」
潔癖症のマヤちゃんが言うからこそエロいともww<重度の発症
“先輩”に何教わってるやら…。


>#14. 2EM15_0938"Destiny"
高圧送電線を飛び越えたり、
急の方向誤差で、プレートを使った転回を披露したり、
あの一連の流れは激アツで鳥肌モノでしたよ。
続く"Fate"もまた重厚な曲で、緊張感があって好きです。


>ほんとに食事してるシーンをするとは
でもレイちゃんの食べてるのがウィダーみたいなので、
ほんとにあれで大丈夫なんだろうか…?と無駄な心配をしてみたり…。


>レイとアスカのエレベータの場面
ここ、TV版とは違った転回になってましたね。
今回のアスカはちょっとやってくれるかもしれません。


>#24. 2EM28_EM13
不協さが不気味です…。


>#29. 2EM33_0902"The Final Decision We All Must Take"
予告編でも使われていた曲ですが、
本編の映像とシンクロすると鳥肌がすごかったですよ。
一連の重厚な楽曲は、仰るとおり
観客のプラグ深度をマイナス値に引き込んだと思います。
あまりに引き込まれすぎて、終わった後頭痛に悩まされた人がここにww<溶けなかっただけマシか?w


>だが、ワシのレイちゃんを捕食しやがって。。。。。。。。。 orz コノヤロ~ユルセンッ!!!!!!!!
TVシリーズとは既に異なった展開なので、レイちゃんも安泰じゃないから、(TVでも安泰じゃなかったけど)
食べられちゃったシーンはびっくりしましたよ。。。。
心臓に悪かったですw


>#32. 2EM36_E16
一連の重厚さに合わせてか、
TV版よりさらにかっこよくアレンジされてますね。
この狂気のようなイントロがぞくぞくします。


>#33. 翼をください
ここでこう持ってくるのかーと思いました。「今日の日は」同様に。
あと、
高音がすごいなーとも…w


>♪幸せはぁ~歩いてこない、だぁ~から歩いてゆくんだねぇ~♪も入れて欲しかったなww
あれはセリフ扱いなんですかね~。
のっけからバカっぽくて好きなんですけどw

以上、自分のブログでも書きたかったことを、
ここぞとばかりに書きなぐって(打ちなぐって?)みました。
長コメ失礼しました。
  1. 2009/07/25(土) 12:51:32 |
  2. URL |
  3. クロマ #ZCZy.3M6
  4. [ 編集]

クロマ殿もサントラ購入済み?

>映像と曲がシンクロ
本サントラは基本的にストーリー展開と同じ順番に楽曲が収録されているし、一部ネットからの情報も活用してるからw

ワシは毎日の通勤時にLISMOに落としたこのサントラを聴きまくっている。
音楽を聴くだけで、あの感動的なシーンが蘇ってくるのだから素晴らしい。
貴殿もサントラを入手されたのかな?
この感動を共有できることをとても嬉しく思うよ。

さて、この長々記事に丁寧にコメントして頂きありがとう。
最初はここまでするつもりはなかったのだが、書き始めたら「この曲も」「これは絶対に」とドンドン増えて、結局全曲になってしまったww

攻殻OSTでもした事なかったのに。。。。。。 <ベッドでうつ伏せて

ただ、もう一枚の鷺巣バージョンまでは手が回らなかったのが残念 =3
こちらも劇場用とアレンジが違ってメガッサいいので、絶対"SPECIAL EDITION"がお勧めだ。


>初っ端から重厚な曲で、『破』の方向性をよく表してますね。
音の厚みが尋常ではない気がする。
これを聴いてから以前のサントラを聞くと、すごくライトな感じでww
ストーリー展開にあわせたサントラの位置づけに納得だ。

>「KK」
『カレカノ』を知らなくても問題ないくらい自然にはまっていると思うよ、普通に違和感なく。
ただ、ワシが少々『カレカノ』に汚染されていたので、気になっただけww

>モノレールのポイント切り替えとか、太陽光発電から続くシーンですよね(違ったかなぁ…?)
以前のエヴァなら、街の風景などは登場人物の心理的描写を補助する程度だったと思うのだが、この「ヱヴァ」では日常のごくありふれた一般の人々の様を丁寧に描いている。時間的制約のある劇場版でありながら、何か余裕を感じさせられる。
こういう情景をしっかり描くことで、非日常の世界がより一層衝撃的に演出されることになるのだろう。

>潔癖症のマヤちゃんが言うからこそエロいともww<重度の発症
なるほどww
確かに重症だねwww

>あの一連の流れは激アツで鳥肌モノでしたよ。
第8使徒を受止めるために走りまくるヱヴァ3体、カッコよかったよね。
初めの弐号機もそうだが、ヱヴァのスピーディーな戦闘シーンは本当に鳥肌物だ。
ワシも髪の毛が逆立って逆立って。。。。。w

>あまりに引き込まれすぎて、終わった後頭痛に悩まされた人がここにww<溶けなかっただけマシか?w
あらら、大丈夫ですかな?
気をつけないとLCL化してしまう?ww

>ここでこう持ってくるのかーと思いました。「今日の日は」同様に。
旧作のクラシック曲とはまた違って、やられたって感じだ。
「日本語を母国語としない」子供達の歌がたどたどしく、それがより一層映像とシンクロしているのかもしれない。

>以上、自分のブログでも書きたかったことを、
>ここぞとばかりに書きなぐって(打ちなぐって?)みました。
ありがとう。
ここまで打ち殴ってくれて、ワシも頑張った甲斐があるww

そうだ、折角だから貴殿のサントラ記事にTBさせてもらおうかな。。。。。。。
  1. 2009/07/26(日) 06:36:41 |
  2. URL |
  3. 課長 #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://section9section9.blog61.fc2.com/tb.php/177-87c4b3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーストの軍旗

banner01

リンクフリー(一報頂けるとありがたい)

カウンター

プロフィール

課長

Author:課長
我々の間にはチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。
あるとすれば、スタンドプレーから生じるチームワークだけだ。

プロフィール

ヤシマ作戦

yashima12s

日本の電力支援

ゴーストの囁き(エントリー)

カテゴリー

訪問者・模倣者・媒介者・感染者の囁き

ゴーストの繋がり(TB)

脳殻内検索

ゴーストが囁く仲間達

【リンク集】

このブログをリンクに追加する

染塾

【染塾勝手に応援団】

somejuku002

「僕と攻殻と時々、オカン」より奪取w

NAGATO ISM

【長門同盟】

nagatoism_s

徒然趣味日記(クロマ殿)より奪取w

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

Shin-EVA002ss

RSSフィード

小さな囁き

EVANGELION:3.0+1.0 etc.                                無 在 原 点

Top
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。