ゴーストの囁き

  ようこそ「ゴーストの囁き」へ。貴殿も「攻殻機動隊」への熱い思いを囁いておくれ。。。。。

タチコマンサー

弊ブログの常連者である@殿より連続投稿してもらっていた攻殻SS。
「特定のウチコマ」から派生したもうひとつの作品をここに一括掲載する。











                 『 タ チ コ マ ン サ ー 』





                                 著 : @













『課長、少佐のウチコマが発見されました。今、バトーが新人二人を連れて向かってます』
『よし……。トグサ、そっちはどうだ』
『現場に着きました』

灰色の空。占拠された小学校。パトカーで染められた道。アズマとトグサが車から降りた。
「公安九課だ。状況を」
「武装していると思われる集団が、西側校舎の最上階の教室を占拠。声明は今のところ無し」
「人質の人数は?」
「三十二人の生徒と教師一名」
「犯人の数と、内部の状況は」
「教室の防犯カメラは破壊されている。屋上の狙撃班と廊下の隊員が確認できたのは二人。武器は不明。ドアに仕掛けは無し。で、このヤマも持ってくのか?」
「たぶんな」


あらゆるネットが眼根を巡らせ
光や電子となった意思を
ある一方向に向かわせたとしても
〝孤人〟が
複合体としての〝個〟になる程には
情報化されていない時代…


『イシカワ、今から送る画像の人物の特定と、犯罪歴を洗ってくれ』
『わかった、任せろ』
 モニタに送られてきた画像が映る。顔の特徴から人物を特定し、名前を前歴者のデータベースで探す。薄暗く、緑の光に彩られた九課のダイブルーム。

「身代金については何にも言ってきてないんだよな」
「所轄の刑事によればな」
「で、トグサ、どうする」
「パズとボーマは西側階段から光学迷彩を使って教室の後方へ、ウチコマは屋上からワイヤーで降下。俺とアズマは南階段からだ」
「了解」
『トグサ、男の身元がわかったぞ。二人とも性犯罪の前科がある。総務省のロリコン・ブラックリストにも名前があった』
「やれやれ」


 何年も前からそのままになっているかのような古い倉庫、人気は全くない。割れてガムテープでふさがれている窓ガラス。壊された鍵。バトーは愛車から降り立った。
 錆付いた扉を開けて、中に入る。放置された機械達。外から差し込む一筋の光に、緑色の戦車が照らされていた。

 
「トグサ、南校舎の屋上から狙いはつけているが、狙撃は難しい」
「わかった」
 誰もいない小学校の廊下。汚れた壁。窓の外は曇り空。階段を最上階の四階まで上がると、占拠された、異様な教室のすぐ外だ。


 ウチコマに、ハッチを開けさせる。バトーはコードを、ハッチ内のジャックに結線させた。改ざんされたデータ群。複数の匿名中継器を経由させて衛星にアクセスさせた痕跡。新しく上書きされたファイル。

  バトー、忘れないで
  貴方がネットにアクセスする時
  私は必ず貴方の傍に居る


「トグサ、配置についた。SWATは下の階で待機中」
「了解。援護を」
 廊下には誰も見えない。ドアを開ける。
「警察だ、人質を解放しろ」
 銃を突きつけるトグサ。後に続くアズマ。
「武器を捨てて、人質を解放しろ」
 犯人は四人。銃を持っているのは二人。少女を盾にしている。
 犯人の一人が、笑いながら、ショットマシンガンを乱射した。壁に穴があく。
『パズ、ボーマ、』
『人質が邪魔だ』
『ウチコマ!』
 窓の外に下りてきたウチコマ三機をその犯人は撃ったが、トグサのマテバに撃たれた。
「無駄な抵抗はよせ」
「近づいて来るな! 」
 ピストルを突きつけられて怯える少女。後ろにいた犯人の一人が、ナイフを振りかざした。
 ナイフの男が狙撃され、人質に血が飛ぶ。
『ウチコマ、退いてろ。トグサ、こっちでやる』
『リョーカイ』
 ウチコマたちがケーブルを切って、地上に降りた。パズが少女にピストルを突きつけていていた男を撃ち、サイトーが残りの一人を仕留めた。




======================================================================================




「状況を記録して、あれをバンに積んでおけ」
 バトーは連れてきた隊員に言った。
『バトー、どうだ』
『さすが少佐。痕跡はごっそり消えてます。ただ、ツクバの端末を経由させていたのが気になりました。そのあたりを調べれば何か出てくるかもしれません。それより課長、トグサの方は?』
『犯人を射殺。人質を救出したそうだ』
『あいつにしては、よくやりましたね』
『だが、課題は山積みだ。少佐の件はお前に一任する。明日の朝、ティルトでツクバに飛べ』
『俺一人でですか?』
『ウチコマ一機をつける。こっちは忙しくなりそうだ』


 他のウチコマ達に見守られながら、鑑識が少佐の乗り捨てたウチコマを調べていた。ウチコマは手を伸び縮みさせ、目を回転させている。バトーとイシカワがハンガーに来た。
「どんな感じだ」
「ハードの改造はもちろん、感情移入度数値にも変化は見られない」
「メモリのキャッシュは?」
「解析中だが何もでないだろう」
「小学校で被弾した機体は?」
「目をやられていた。タチコマと違って、生体レンズユニットがひとつしかないのは問題だな」
 ハンガーの奥に、目のないウチコマが佇んでいた。
 個性のない目、区別の無い殻。


 ツクバ・フロート―――先の大戦で水没した地域に建造された水面の浮上都市。最先端のサイバネティクスと闇医療が集まる街。
 降り止まない雨、空は曇りガラスの色。
『イシカワ、プロキシの位置特定はできたか?』
『あぁ、できてる。東大通りに面した、登録では貸しサーバ屋になっているビルの三階だ。データを送る…………なぁ、バトー、トグサが義体化するらしい』
 窓を打ち、流れ落ちる雨。


 人で溢れるツクバの通りを、バトーがウチコマを連れて歩いていた。通りに面した、闇医者のクリニック、脱法武器の店、オキアミベースのサイボーグ食の屋台。ビルを見上げるバトー。
「迷彩かけて、あれを隣のビルの屋上から見張っておけ」
「リョーカイ」
 
「久しぶりだな」
「根室の上陸作戦以来か」

 バトーは、ネオンが消えショーウインドウが割られている店に来ていた。

「東大通りの貸しサーバ屋について、聞きたいことがある」
「ニクスのビルか、あそこは個人規模のクラッカーの類に貸し出しているサーバが入っている。一昔前には公的なデータバンクだったらしいがな。で、何が知りたい」

 店の中は暗く、ガラクタが積まれている。旧式のモニタ群。外国語の分厚い本。天井から垂れ下がるケーブルの束。

「そこの端末をプロキシとして使うことはできるか?」
「ここはツクバだ。サーバの基本スペックは高い。転送プログラムをロードすればいい」

 バトーは死んだ機械の山を避けながら、店の突き当たりのドアまで進んだ。ドアを開けると、そこには完全義体の情報屋が待ち構えていた。

『ウチコマ、変化は』
『アリマセン』




======================================================================================




 ビルのエントランス。バトーが天井を見上げていた。

 天井から吊るされた鳥、アンドロイドのアコーディオン弾き、正面のエレベーターに乗った。

 この古臭いエレベーターが、静かに動き出した。

『この建物の見取り図を読み出しておけ』

『リョーカイ』



 暗い廊下の両側に無数に並ぶサーバ群。ファンの低い唸り声。その中の一台に、バトーが身代り防壁を通したコードを接続した。





 ネオンが消え、ショーウインドウが割られている店の奥の小部屋にいた。完全義体の情報屋はいなかった。机の上に、折鶴が落ちていた。

 サーバに接続してからの数秒間で、バトーの身代り防壁を無力化し、電脳の攻勢防壁までも突破して、「何か」がバトーの脳を制圧した。

 その「何か」に話しかけた。



「お前は誰だ?」

―私に名前は無い。肉体から持ち出した記憶はごく僅かだ―

「目的は何だ?」

―私が私であるために必要とされるものを手にしたい。それには手助けが必要だ―

「俺がここに来ると知っていたのか?」

―私は個を確立していないゴーストの情報でしかない。知る事はない……手助けの礼に、この端末の使用者に関する情報を与える。顔、今の名前、居場所――





 向かいのビルの屋上まで上がり、ウチコマを自閉モードにさせてからジャックインすると潜入の跡が見つかった。

『バトー、どうだ?』

『端末は見つけましたよ』

『ローレンス・ソサエティに教育関連テロリストの影が見つかった。イシカワ達が向かっている。合流しろ』





『いくら俺でも、いきなり警察系の暗号で暗号通信を受けたら、いくらか手間取るんだよ。最近は警察以外にも警察の暗号を使うところが増えて…』

『昔の仲間を集められるか?』

『あぁ、死んだ奴以外はな……』

『集めておいてくれ』





 ツクバのヘリポート。9課のヘリを見上げるバトー。飛び立つ白い鳥達。





「ローレンスはツクバ・フロートができて以来の企業だが、規模で言えば旧関東でトップクラスだ」

 ガラクタ屋の情報屋が、借り物の船の上でバトーに話していた。

『バトー、現地の人間なんか使って大丈夫か?』

『心配いらねぇよ』

『こっちの準備は完了した。ヒノキとゾウダが回線に枝を張っている。プロトが俺たちの通信の中継をやってる』

 湖の水面に、睡蓮の花が咲いている。

「ダイバーは作業を終えたぞ、バトー。マルは電波塔から狙撃の準備をしている……俺たちにできることはここまでだ」



ロクスの専用港に着けた船からバトーとウチコマが降りた。海上セキュリティはあと2分で正常に戻る。

対戦車砲でウチコマが潰されたのは、コンテナとコンテナの間を通り抜けているときだった。狙撃手は他にも二人はいた。ウチコマを盾にしていると、近くの倉庫から大型の多脚戦車が出てきた。

しかし、その戦車は向きを変えて、無反動砲でコンテナの上にいた狙撃手を潰した。



ロクス社ビルの専用港側搬入口から、武装した警備アンドロイドが出てきたが、多脚戦車の砲撃になぎ払われた。バトーは戦車の足の間を滑り抜けて、ロクス社ビルに入った。戦車はそのまま動かなくなった。



バトーは地下第二レベルの通路まで降りてきた。電波の届かない第二レベルには、社内ネットのメインフレームが並んでいる。バトーが中継器を接続した。

『繋いだぞ』

『12秒前から、外部回線にデコイを送り込んだ。システムを制圧するまで待ってろ』





 ロクス社の保安課長が慌しく保安室に入ってきて、予備も含めすべてのIAを起動した。

「警備室を呼び出せ」

「警備主任への論理的接続不可能」

「警備室、外部から遠隔制圧されました」

「セクションコードを持っていたのか確認しろ」



―外壁内でウイルス増殖中―

―第一レベルの防壁70%損傷―

―損傷部を隔離、武装デコイを装備―

―マスクアレイに攻撃開始―

―サーバのオフラインを確認、防壁アレイ起動―

―アクセスポイントを発見―

―ウイルス転送開始―



『イシカワ、どうだ?』

『敵の処理速度が速すぎて追いつかない。大量の電脳を並列化でもすれば何とかなりそうだがな』

 ティルト内から無線でのハッキングを行っていたが、身代り防壁から煙が上がった。





「持ち直したか」

「残りのウイルスをワクチンで中和しています……サーバ上のスペースで、防壁発生中、自律プログラムと思われます」

「確認しろ」

 保安課長は、首のジャックにコードを差し込んだ。



―防壁A‐22、機能不全―

―セキュリティ区画の防壁アレイ、突破された―

―コントロールが低E―

―システムを再起動―



 IAが機能停止し、保安課長が脳を焼ききられた。



 

バトーは、貸しサーバ屋のビルのエントランスにいた。アンドロイドのアコーディオン弾きはいなかった。

 天井から折鶴が落ちてきた。

―協力に感謝する。ツクバの協力者には、銀行口座から謝礼を支払ってある。ローレンスの犯罪性の証拠は押さえておいた。例の端末の利用者の情報はここにある―

「お前はどうするんだ……」

―ネットの海へ漕ぎ出す―




======================================================================================




 暗い廊下の両側に無数に並ぶサーバ群。ファンの低い唸り声。バトーが立っていた。

 廊下を先へ進んでも、元いた場所に戻ってしまう。背後に少佐が立っていた。

「久しぶりね、バトー、――――」



















 9課のダイブルームでは、イシカワが新人の指導をしていた。

 バトーが入ってきた。

「バトー、戻ってたのか。親父が呼んでたぞ」

「トグサは?」

「下で射撃訓練中している。セブロに持ち替えるんだそうだ」

「そうか……」





エレベーターからトグサが降りてきた。バトーは言葉を見けられなかった。




































                             < fin >







======================================================================================






>どなたか「2nd GIG」と「SSS」の空白に埋もれたウチコマに関するエピソードを書いて頂けないだろうか? 
>多くを語ることのないウチコマのゴーストと共に。。。。。




「特定のタチコマ」のラストでワシの振ったネタに応えてくれたクロマ殿、そして@殿。
同じアイディアからスタートしたにも関わらず、お二人の指向は全く違う方向へと向かいそれぞれの世界観をもった作品が出来上がった。
その作品をこうして読ませてもらうことができ、心より感謝する。本当にありがとう。







「書く? 小説でよければ書きますけど。文芸部の部長やってますんで。」

@殿の数少ない個人情報の漏洩があった訳だが、流石に文芸部。伊達に文章を扱ってはいない。

本作のタイトルが「ニューロマンサー」に引っ掛けてあるのは明らかだが、文体もこんな感じなのだろうか? 余分な説明は抜きにシンプルなのだが、複雑さを垣間見させる文章にかっこよさを感じた。

2nd GIGのラストからSSSまでの出来事を実にシリアスに仕上げられており、バトーの悶々とした気持ちと、9課のリーダーとして変わりゆくトグサとの関係が見事に描かれていると思う。

そして、ストーリーの展開とマッチした風景の描写がイメージを膨らませる。まるで映画的な手法。そう、イノセンスのような感じだな。



>「お前は誰だ?」
>―私に名前は無い。肉体から持ち出した記憶はごく僅かだ―
これはもしかしてクゼ?
折鶴もでてくるし。。。。。。。フム=3






絵も描けなければ文も書けないワシなので、貴殿の作品の素晴らしさを充分に表すことができず申し訳ない。でも、この作品を読んでもらった方にはきっと伝わるはずだ。





         貴殿が攻殻をとても好きだということを。












@殿、素敵な攻殻SS「タチコマンサー」をありがとう。
そして、掲載許可について感謝する。
今後ともよろしくお願いする。






攻殻SS「タチコマンサー」への感想、激励は本コメント欄に書き込んでくだされ。
よろしく。










※本作品は@殿に帰属する物であり、無断転用はご遠慮くだされ。



http://atmc.fc2web.com/tachi/tachi1.htm
http://atmc.fc2web.com/tachi/tachi2.htm
http://atmc.fc2web.com/tachi/tachi3.html
http://atmc.fc2web.com/tachi/tachi4.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:攻殻機動隊 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/11/10(土) 01:19:39|
  2. 頂き物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
<<双子姉妹プレイとか何とか | ホーム | 公安9課は本日をもって解散する=3>>

コメント

優しい瞳をしてるのね

がぶさんです、犬の分際ですが感想を

映画的手法、と課長さまのご指摘どおり、画像情報を言語に変換して読者の脳に種を撒く感じですね。
押し付けがましくなく、受けてによる修飾により幾重にも色が出そうなスタイルはクールで好感が持てます。
それも豊富な語彙をお持ちだからでしょうか?
いい武器をお持ちです。
見習わねば、と思います<本読まねばなっ!!
バトルや狙撃に関する表現はストレートですが、見てもいないものをわかりにくい言葉で表現するよりも素直で潔い印象を受けました。


で、がぶさんの好きなところ

<<ハンガーの奥に、目のないウチコマが佇んでいた。 >>
<<個性のない目、区別の無い殻。>>

<<…………なぁ、バトー、トグサが義体化するらしい>>
<<窓を打ち、流れ落ちる雨。 >>


韻を踏んだ言葉はとてもきれい
それから、一言の台詞になんとも言えない哀切もある
「この人って美しくて哀しいお話が書けるのではないか」と期待させます。


イノセンスみたいなの、お願いします☆
  1. 2007/11/10(土) 17:24:33 |
  2. URL |
  3. がぶ #-
  4. [ 編集]

映画的、そしてイノセンス的。

なんて素晴らしいんでしょう!
it's so cool!です。

攻殻らしいクールさがありますね。
セリフの言いまわしや、情景描写…、これが事実のみを述べているところが、いいんでしょうね。
課長さまの仰るように、イノセンス的ですね。


うぅ…、もう恥ずかしくてSSなんて書けない。。。
修行します!!
探さないでください…(自宅修行ですがw)
  1. 2007/11/10(土) 20:42:02 |
  2. URL |
  3. クロマ #ZCZy.3M6
  4. [ 編集]

がぶ殿も優しい肉球をしているのだな?ww

幣ブログの常連者には素敵絵を描かれる方や、素敵SSを書かれる方が多くてとてもありがたい。
文豪であるがぶ犬殿のコメントがワシの言葉不足を補ってくれてとても助かる。
それに確かに@殿の文章には語彙が豊富である点が上げられる。
ワシも見習わねば orz

気に入った文章、ワシも同じだよ <同志よww
<<湖の水面に、睡蓮の花が咲いている。>>
この描写も情景がふと眼に浮かんできたよ。

>「この人って美しくて哀しいお話が書けるのではないか」と期待させます。
うむ、同感。

@殿の今後の作品を密かに期待しよう。
  1. 2007/11/11(日) 01:07:45 |
  2. URL |
  3. 課長 #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

クロマ殿、見ぃ~つけたっ!!w

クロマ殿の『二つの記憶』とは違った世界がここに展開されている。
それもとてもかっこいい。そう、これをcoolというのだね。
人によって同じ題材からこれ程違う展開ができるのも、攻殻の懐の深さ故だろう。

『二つの記憶』から醸し出される優しさ
『タチコマンサー』に漂うこのクールさ

こんな素敵な攻殻SSを掲載できて本当にありがたい。
改めてクロマ殿、@殿に感謝する。ありがとう。

追記
クロマ殿、修行はいいから次の「ハルヒSS」頑張ってねww
  1. 2007/11/11(日) 01:09:36 |
  2. URL |
  3. 課長 #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

CyberPunk!

うひょ~ この世界独特の単語がいっぱーいッ
豊富な知識と想像力、表現力がないと書けませんね!
SFのインサートは、絵画の様な描写が多いですが、
こちらも色彩豊かで、詩的情緒にあふれてます!

少佐が去った後の9課において、
その変化に対応していくトグサと戸惑うバトーがとても対照的。
うぅ~(涙) 頑張れ!バトーさんッ

>「書く? 小説でよければ書きますけど。文芸部の部長やってますんで。」
と、サラッと?おっしゃる@さま、さすが部長です!(尊

『ニューロマンサー』を読んだことはありませんが、
Wikipediaを見ると、何か日本語がちらほら。。。
おお!千葉市が電脳都市なのですね~
『ブレードランナー』もそうですが、 
近未来の都市はアジアと最先端技術で出来てますが、
コレって、経済がうなぎ上りだった’80の日本、
そして香港の影響大?
たしかに、
ヨーロッパの様な童話そのままの街並みよりも、
古い物と新しい物が共存して動きのあるアジア都市の方が
近未来のイメージが膨らむかも!?
  1. 2007/11/12(月) 17:53:01 |
  2. URL |
  3. かぁりー #-
  4. [ 編集]

かぁりー殿はバトー萌えっと。。。。。メモメモ

@殿の構築したこの世界観、冒頭のイメージはやはり「ニューロマンサー」に近いものを感じる。(まだ読み始めたばかりだがw)
>灰色の空。。。。。
これは空きチャンネルに合わせたTVの色だったのかもしれない。

かぁりー殿の言われる様に色彩がイメージできる文章が印象的だね。

>千葉市が電脳都市
東京湾(トウキョウベイ)を望む千葉は「臓器移植や神経接合や微細生体工学と同義語」でありテクノ犯罪者の集まる街になっており、丁度イノセンスの「択捉」のような位置付けだ。
三菱や日立、富士電機などの和名企業の名前も使用されており、先端技術と退廃が混在したアジアの拠点として描かれている。
昨日「ニューロマンサー」を購入して今読み出したところだが、かぁりー殿もご一緒にどうかね?w
それにしても引用に「ブレードランナー」が出てくるあたり、かぁりー殿の年代を感じるよww <同類だねw
  1. 2007/11/14(水) 00:33:08 |
  2. URL |
  3. 課長 #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

取り上げて頂いた課長様、読んでくださった方々、ありがとうございます。
調子に乗らせると危ないですよ。


>「ブレードランナー」
数日前から、原作のほうを読んでいます。映画とはテイストが違って、個人的には全体的に灰色っぽい印象を受けました。80年代のサイバーパンクとは違った、フィリップKディックの作風……使えます。



  1. 2007/11/20(火) 19:44:42 |
  2. URL |
  3. @ #jOfw0Wf.
  4. [ 編集]

@殿、こちらこそ多謝w

本作品は貴殿によるものだし、ワシはただ掲載させてもらっただけだ。このような素晴らしいクールSSを提供して頂いて感謝するのはワシの方だよ。

本作を読んで頂いた方々にはワシからもお礼を申し上げる。ありがとう。そして、@殿にコメントを入れてくださり心より感謝する。
何もない弊ブログでこのような交流が持ててワシもとても嬉しい。

>調子に乗らせると危ないですよ。
うむww
ブログも設置されているようだし、どんどん作品を公開されては如何かな?w

>「ブレードランナー」
原作をネタにまたSSでもww
そう、貴殿に進められていた「ニューロマンサー」購入して読み出したのだが、如何せん話の展開が付いていけない部分が多く、何回も戻りながら少しずつ読み進めている。電脳内の出来事なのか、夢の話なのか。。。。。。
モリイやアーミテジと冬寂の関係や、他人の感覚器官にアクセスしたり、体内に埋め込まれた毒入り液嚢はまるで「天敵」のパイロットJ1を思わせる。。。。。

読破までもう少し時間をおくれ=3
  1. 2007/12/05(水) 00:05:57 |
  2. URL |
  3. 課長 #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

>体内に埋め込まれた毒入り液嚢はまるで「天敵」のパイロットJ1を思わせる。。。。。
気付きませんでした、さすが課長。
あと、とにかく固有名詞が難しいので、雰囲気を楽しんでいただけたらと思います。


あれをスラスラと読める人なんて居るはずがありませんよ。


ブログですが"個人的な置き場"と位置づけており、つまりバトンはスルーさせていただきます。ご了承ください。
  1. 2007/12/05(水) 19:36:17 |
  2. URL |
  3. @ #jOfw0Wf.
  4. [ 編集]

@殿、バトンスルーは無問題w

>ニューロマンサー
少し読んでもう一度戻って読み直すとなんとなく判ってくる。読み砕くに連れて味が出てくるスルメの様な作品だ。あの作品の持っている雰囲気、たしかに攻殻の匂いがするねw
通勤時に少しずつしか読めないので未だ半分だが、明日の出張は新幹線で時間が取れそうだからじっくり読むとしよう。

本来ブログ自体個人的な場であるのだから、@殿の好きなように使えばよい。バトンの無理強いはしないからご安心をww
  1. 2007/12/11(火) 01:26:23 |
  2. URL |
  3. 課長 #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://section9section9.blog61.fc2.com/tb.php/105-f8a24f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タチコマンサー(二次創作)

 攻殻機動隊の二次創作として、課長様のブログに投稿した物。おそらく最初で最後の二次創作。また、初めて世間に公開した作品でもある。 弊ブログの常連者である@殿より連続投...
  1. 2007/11/27(火) 15:32:44 |
  2.  【タイトル】 

ゴーストの軍旗

banner01

リンクフリー(一報頂けるとありがたい)

カウンター

プロフィール

課長

Author:課長
我々の間にはチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。
あるとすれば、スタンドプレーから生じるチームワークだけだ。

プロフィール

ヤシマ作戦

yashima12s

日本の電力支援

ゴーストの囁き(エントリー)

カテゴリー

訪問者・模倣者・媒介者・感染者の囁き

ゴーストの繋がり(TB)

脳殻内検索

ゴーストが囁く仲間達

【リンク集】

このブログをリンクに追加する

染塾

【染塾勝手に応援団】

somejuku002

「僕と攻殻と時々、オカン」より奪取w

NAGATO ISM

【長門同盟】

nagatoism_s

徒然趣味日記(クロマ殿)より奪取w

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

Shin-EVA002ss

RSSフィード

小さな囁き

EVANGELION:3.0+1.0 etc.                                無 在 原 点

Top
無料アクセス解析